早めに解決するための専門の法律事務所に相談してみましょう

弁護士、司法書士に依頼することでスムーズに解決する事ができます

■過払い請求にも時効がある

請求できる期間は10年

過払い請求も常識となりつつある現在ですが、見落としがちな注意点があります。過払い金の請求権にも時効があると言うことです。民法では債権の請求権は10年とされています。

ですので、これまで自分には過払い金は発生していないだろうと思って、調べてみたことのない方は、是非1度これまでの取引き履歴と年利とを計算して、過払い金が発生していないかを調べてみることをおすすめします。では時効を向かえてしまうとどうなるのかについても説明したいと思います。

時効と言っても実は2種類の時効が存在します。この過払い金の請求権については消滅時効というものが関係します。消滅時効とは上記に書いた10年間に請求しないと、請求する権利なくなってしまうと言うことになります。

と言いましても、請求すること自体は行えるのですが、相手側が時効が成立していることを主張すると、時効によって請求権が消滅していますので、過払い金による債権が存在しないということになります。過払い金が発生しているかどうかを調べてみて、過払い金が発生していたので請求したけど、時効に掛かっていて戻ってこなかったなどという事態を避けるために、一度過払い金について調べてみる必要があるのです。

もし過払い金が発生していた場合、債務が終わっている可能性もありますし、逆に手元にお金が戻ってくることもありえます。過払い金の計算自体は計算方法さえ知っていれば、ご自分でも行えますので、是非1度調べてみて下さい。