多重債務の方は過払い金請求をする事によって借金を返済する事ができます

個人で請求する事はできますが、賃金業者が相手をしてくれない場合がありますので、専門の法律事務所に任せるのが得策です

■過払い請求の特徴について

以前の生活を取り戻す事ができる

過払い請求とは、かつて消費者金融業界を中心に存在したグレーゾーンの部分の利息を払っていた人が、2006年の貸金業法改正とともに払いすぎていた利息の部分の返金を消費者金融業者に求めることをいいます。

グレーゾーン金利は、多くの債務者を苦しめており、改正貸金業法が制定されるまでは、高い利息を支払うために精神的に追い詰められる人も少なくありませんでした。

そこで、国を挙げて多重債務者などの救済を図るために、グレーゾーンの廃止を含む貸金業法が全面的に改正されることになりました。このことによって消費者金融の金利は大幅に引き下げられ、以前の生活を取り戻すことができた人が大勢いるといわれています。

過払い請求は、個人で行うには時間的にも精神的にも困難であることから、弁護士や司法書士といった専門家に請求の代行を行ってもらうことが多いといわれています。また、消費者金融業者によっては過払い金の返金を渋っていつまでも返金が行われないということもあるため、速やかな返金が行われるように、行政機関などが呼びかけを行っています。

現在は、大手を含めた消費者金融業者はこの過払い金の返金のために多くの引当金を用意しており、営業利益が赤字となっている業者が多くありますが、数年後は過払い請求を行う人がピークに達するため、利益の増大が見込まれています。そのため、消費者金融各社は過払い金請求が終わった後のことを見越して顧客の拡大を図るためのキャンペーンなどを積極的に行っています。